目指すのはオプティマルヘルスの実現

プラスインターナショナルは、健康に対して常に誠実を心掛け、新生児からご高齢の方まで、全世代のオプティマルヘルス実現を目指し、統合医療の普及を通して社会に貢献します。

目指すのはオプティマルヘルスの実現

プラスインターナショナルは、健康に対して常に誠実を心掛け、新生児からご高齢の方まで、全世代のオプティマルヘルス実現を目指し、統合医療の普及を通して社会に貢献します。

私たちが考える健康とは

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。健康を完全に達成するためには、医学、心理学や関連する学問の恩恵をすべての人々に広げることが不可欠です。一般の市民が確かな見解をもって積極的に協力することは、人々の健康を向上させていくうえでもっとも重要なことです。」
WHO(世界保健機構)憲章より抜粋

WHOも健康とはすべてが満たされて初めて健康であると提唱しています。これまで多くの人が思う健康とは病気ではないということであり、健康を求めることはマイナスをゼロに近づけるというネガティブなものでした。今、健康業界に求められるのは、単に商品の提供ということだけではなく、誰もがオプティマルヘルスの実現ができるスキームを構築していくことだと私たちは考えます。誰もが健康で若々しく、そして美しく生きるために、すなわちゼロをプラスにシフトさせるためにはオプティマルヘルスの実現は必要不可欠です。私たちプラスインターナショナルは、全世代がオプティマルヘルスを実現するために必要な基盤と環境を提供していきます。

オプティマルヘルスの実現に向けて

健康はすべての人の願いであり、そしてその願いを叶えるための製品や流通や宣伝・広告がひとつになって、大きな健康産業を作りあげています。日本だけで、健康産業は1.5 兆円もの売り上げ規模を誇ります。プラスインターナショナルは、その健康産業の可能性を、愛用者の皆様と分かち合うための方法を考えました。

そして、WHOが提唱するように肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも健康になることを目指し、健康を仲間たちと分かち合うことができるコミュニケーションビジネスの仕組みを作りあげました。それが、本当の「オプティマルヘルス=最善の健康」を叶える手段だと私たちは考えます。従来の健康産業の枠組みを超えて、誰もがオプティマルヘルスを手に入れることができるソリューションを構築し、真の健康づくりが出来るプラットホームを全国各地に展開していきます。

オプティマルヘルスを実現するための4つのプラス

  • 志にプラス +MOTIVE

    医療専門機関の認証得た健康食品を普及し、健やかな毎日を提供します。

    ▶ 詳しく見る

  • 自信にプラス +SELF CONFIDENCE

    健康食品の普及を通じて、生活に豊かさをプラスしてみませんか。

    ▶ 詳しく見る

  • 英知にプラス +INTELLIGENCE

    お子様からお年寄りまで、すべての人たちが笑顔で過ごせるように。

    ▶ 詳しく見る

  • 未来にプラス +FUTURE

    新しい健康生活サポート拠点となる プラスクリニック構想を推進します。

    ▶ 詳しく見る