プラスインターナショナルの未来

プラスインターナショナルの未来

プラスクリニック構想を推進しています。

誰もが願う、心身ともに健康で豊かな生活は、次第に難しくなりつつあります。環境破壊、生活習慣病、医療費負担そして公共医療サービスの制限など、さまざまなマイナス要因が私たちの健康を脅かす現代。まさに自分の健康は自分で守る時代です。

私たちプラスインターナショナルは、「自分の健康を自分で守れる環境づくり」をテーマに、さまざまな分野の専門機関と提携しながら、心身ともに健康で豊かな生活を実現していただくための基盤づくりや環境づくりに取り組んで参りました。その成果として推進しているのが、健康を自己防衛するセルフメディケーションの時代に対応した、ご愛用者のためのサポート拠点【プラスクリニック構想】です。プラスクリニックは、予防医学・診療・訪問診療・リラクゼーション・エステがひとつになった未来型の診療施設で、病気以外の人も気軽に訪れてくつろげる健康・美容サロン的な空間。有益な情報や助言が得られ、的確な健康管理と病気予防を図ることができます。

社会が住民の健康を育む環境づくり

国民医療費の対GDP 比率が10%を超え、国保財政の危機的状況はさらに悪化しています。 さらに、75 歳以上の後期高齢者の医療費は年間平均89万円。 個人負担の増額が検討されています。 もはや、医療費の削減は国家の最優先課題のひとつ。 そのために、わが国でも世界の医療先進国を手本とした統合医療を、産・官・学が共同して導入に着手しています。

統合医療の要となる代替医療は健康関連産業が負うところが多く、今後ますます業界の倫理が厳しく問われてきます。 ・私たちは、「プラスクリニック構想」推進を通じ、そこに暮らす人々の健康を育む社会づくりをサポートし、常にその手本となるべく鋭意精進してまいります。